自分で家系図を作りたい方、戸籍取得・家系図作成を専門家に依頼したい方のためのサイトです
1000年をたどる家系図の作り方 1000年たどる家系図作り方 1000年 家系図 お問合せ 家系図を作る 全国対応・相談無料

 家系図作成サービスのパンフ
 レットを作成しました ※無料
家系図作成 資料

先祖を千年、遡る
先祖を千年、遡る
(幻冬舎新書)

行政書士 丸山 学

家系図 丸山学

【マスコミ掲載】
 家系図作成 丸山学
 産経新聞の記事を読む NHKおはよう日本
(H24.2.22放送)
家系図作成 丸山学
産経新聞の記事を読む 産経新聞の記事を読む
(H21.8.25付)
家系図作成 丸山学
DIMEの記事を読む DIMEの記事を読む
2009.11.17号

無料メルマガ『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』ではリアルタイムで丸山学の家系調査の実践例を読む事が出来ます。
先祖探しにご興味のある方は是非、登録をお忘れなく!

家系図を作って先祖を1000年たどる技術
家系図を作って先祖を
1000年たどる技術

(同文舘出版)

全国対応・相談無料購入・詳細はコチラ
「はじめに」の部分を無料公開中
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成
家系図作成ご依頼に関するQ&A

1000年たどるルーツ探し

 ルーツ先祖  

まぐまぐ まぐまぐ発行メールマガジン
 自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術【バックナンバー】

自分のルーツ(祖先)を1000年たどる壮大な家系図を作成することを目標に、戸籍、宗門人別帳、宗門送り状、分限帳、武鑑、検地帳、古地図、旧土地台帳、墓石、家紋、苗字を使ってたどりつく家系調査ノウハウを提供しています。
 ルーツ先祖 ルーツ先祖 

【最新号】
第138号 薩摩藩士のご先祖探しには『旧薩藩御城下絵図』を活用する
第137号 『まぐまぐ大賞2016』専門情報部門で1位に選ばれました
第136号 古い墓石には「平」「源」などの本姓が刻まれている事もある
第135号 安倍首相、麻生太郎氏の家系図から見えてくる日本の歴史
第134号 江戸時代、庶民も名字を持っていた証拠を見つけた
第133号 700年前の口伝が記載された文書を発見!
第132号 既に散逸してしまった古文書でも見られる事がある
第131号 「言い伝え」も重要な史料
第130号 城下町絵図を見ると武士の名前と住所が分かる
第129号 ご先祖調査の基本は「戸籍取得+地名辞典」から
第128号 検地帳に貼付された紙を見逃さない
第127号 協力者への礼状を忘れずに
第126号 地域の共有文書を探す
第125号 ご先祖様の墓石は見つかるか?
第124号 地元の長老に話を聞くのは有効か?
第123号 地域の古文書を見せていただく事は簡単か?
第122号 大阪市域の先祖探しで役立つ史料
第121号 郷土史家の方にご協力をいただく
第120号 禄を返還した士族も調べる
第119号 武士の名前が戸籍と合致しない問題
第118号 明治時代に本籍地を移動するのは武士が多い
第117号 ご先祖が「寺侍」ということも
第116号 民家に20億点以上の古文書が眠っている
第115号 村の一軒一軒の系譜を書き出した史料があることも
第114号 旧土地台帳を閲覧できるかどうか
第113号 TBSテレビ『100秒博士アカデミー』出演
第112号 世間に公開されていない史料
第111号 武士の家は「分限帳」だけでなく明治期の士族の記録に当たること
第110号 家系図博士としてテレビ出演します
第109号 旧土地台帳・地籍図を活用する
第108号 江戸時代初期の検地帳でも先祖探しに使える
第107号 陪臣(家臣の家臣)の記録を集める
第106号 「名字(苗字)の発祥地」を地図上にまとめてみました
第105号 続・有名な戦国武将の末裔かもしれません!
第104号 有名な戦国武将の末裔かもしれません!
第103号 必要な古文書の在り処を探す作業が最重要
第102号 明治時代に名字を適当に付けた家は本当に多いの?
第101号 武士の戸籍名は「通称」か「実名」か?


全国対応・相談無料 第51号〜第100号のバックナンバーは≫≫≫こちら

全国対応・相談無料 第1号〜第50号のバックナンバーは≫≫≫こちら

究極の自分探し 〜平安朝の『氏』までたどりつくために〜

家系図
全国対応・相談無料どうすれば究極的に自身のルーツが探れるのか?

全国対応・相談無料いったいどのようにして
           1000年も家系をたどっていくのか?


 当事務所代表者・丸山学が動画でご説明させて頂い
 ております。
動画再生
家系図
TOPページの動画とは違う動画です。是非、ご覧ください

1000年家系図

〜この図案やサイト内の文章・動画での表現につきましては丸山学に著作権があります〜
著作権を侵害された場合には法的措置を取りますのでご留意ください

動画でもご説明のとおり、究極的な自分探しは平安朝の頃の『氏』までたどりつくことです。氏が明確になれば各氏の系譜というのは比較的正確な形で残っています。

室町時代に完成した『尊卑分脈』や9世紀に編纂された『新撰姓氏録』といった文書に古代姓氏や藤原氏、源氏、平氏の家系譜が残されているのです。

ですから、自分の家系をさかのぼっていき、自分の本当の『氏』(現在の苗字ではなく)までたどりつければ自分探しのゴールとなります。

しかし、問題はどうやってそこにたどりつくかです。

現在〜幕末・明治初期までは戸籍というものを漏れなくたどれば誰でも家系をたどれます.
(一部、戸籍の焼失等がありますので100%ではありませんが‥)
ところが、その幕末・明治初期と平安朝の氏の間が難関なのです。
この期間は、誰もが簡単に系譜をたどれる戸籍や系図が残っていないのです。

この期間を「古文書の読解」「歴史の知識」「苗字の知識」「家紋の知識」「地名の知識」「コミュニケーション力」(多くの人の協力を得られないと必要な資料にたどりつけませんので)「体力」(膨大な古文書の中からご先祖様の名前を探し当てたり、どこにあるとも分からないご先祖様のお墓を何軒ものお寺を巡ってひたすら探したりします)‥などといった要素で埋めていくのが家系調査、自分探しなのです。

ご自身で1000年たどろうと考えた場合には、上記に挙げた要素「古文書読解」「歴史」「苗字」「家紋」等の勉強から始めるとよいでしょう。
もちろんまず先にやるべきことは、現存している戸籍を全て取得することです。

ご自身で行なえば、大変んさもありますが、まるで上質の推理小説を読んでいるようなワクワク感や驚きに出会えること請け合いです。

もちろん、自分にはそのような時間がないという場合には専門家の力を借りるのも一つの方法です。

家系図の作り方家系図の作り方家系図の作り方家系図の作り方 当事務所でも、家系調査・家系図作成のお手伝いをさせていただいております。ご興味のある方は『家系図作成を依頼する』のページをご覧ください。費用や期間を掲載しております。

尚、家系図のご依頼コースを詳細に説明したページには、私がどのような方法で江戸時代やそれ以前の家系調査を行なうのかも記載していますのでご自身で調査してみようと思われる方の参考になるかと思います。
私の江戸時代とそれ以前の調査ノウハウを記載してあるページへ(クリックしてください)

また、よろしければ私が昔作りました冊子『自分でも出来るルーツ探し 家系図作成入門編』の全文を下記に掲載しておきますのでご覧ください。今すぐお読みいただけます。

『自分でも出来るルーツ探し〜家系図作成・入門編〜』
    全国対応・相談無料第1章 今、何故家系図を作るのか?
    全国対応・相談無料第2章 家系図の記載方法
    全国対応・相談無料第3章 戸籍取得を急ごう!
    全国対応・相談無料第4章 戸籍用語辞典〜必須知識〜
    全国対応・相談無料第5章 戸籍取得のノウハウ
    全国対応・相談無料第6章 江戸時代の家系調査方法
※資料請求についてくる小冊子「1000年たどるルーツ探し入門編」とは違う内容です。
家系図作り方ページトップ
ホーム 事務所案内特定商取引法表示 プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
Copyright(C)2008 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.